オーガニックコットンとは?

2021年4月22日

オーガニックコットンとは

オーガニックコットンとは化学肥料や農薬、除草剤を使わずに栽培したコットンのことです。日本オーガニックコットン協会では下記のように説明されています。

オーガニックコットンは、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。
オーガニックコットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となりますが、この全製造工程を通じて、オーガニック原料のトレーサビリティーと 含有率がしっかりと確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものを、オーガニックコットン製品といいます。

日本オーガニックコットン協会より引用

生産、製造過程などの違いで、オーガニックコットンと通常のコットンを分けています。

従って、オーガニックコットンと通常のコットンでは綿の品種が違うわけではありません。

赤ちゃんに素敵な未来を歩んでほしい

オーガニックコットンは従来の栽培方法とは異なり、化学肥料や農薬、除草剤など自然環境に与える負荷をできるだけ少なくした栽培方法で育てられています。

赤ちゃんに素敵な未来を歩んでもらうためにも、自然環境への負荷が少ないオーガニックコットンはいかがですか?

さらに、生地の色にもこだわっています。綿花本来の色である、生成りや茶色の生地を使用して作っています。

オーガニックコットンのふわりこはNPO法人 日本オーガニックコットン協会の法人準会員です。  商品にはJOCAファミリータグを1枚同封しております。このラベルには2円の支援金が含まれています。
日本オーガニックコットン協会タグ_縮小
 

日本オーガニックコットン協会のHPはこちらからご覧ください生地も中綿もオーガニックコットンです

 

優しい色みが赤ちゃんにもピッタリですね♪

あわせて読みたい